読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

準備をしている人に運はめぐる

目覚まし時計を買った

僕は生まれてからの毎日、欠かすことなく起床を繰り返してきた。21年と半年が過ぎ、これまでに8,000回近く起床を経験したことになるので、今頃は起床の達人になっていてもおかしくはないが、実際は反して、大学に入学してからというもの、日を重ねるごとに起床が下手になってきているのである。起床が下手になってきているのと同時に、朝起きる必要が無くなってきているのもまた事実なので、前までは特に何とも思っていなかったのだが、最近になって、そろそろ院試の事も考えて朝の過ごし方について見直さなければいけなくなった。
起きられなくなった原因は大体見当がついていて、1つは以前に比べて帰宅と夕食の時間が遅くなっている事。もう1つは布団に入ってからもだらだらとスマートフォンを弄っている事だ。帰宅と夕食の時間が遅くなっているのは、学校と両親の都合なので、僕にできる事は無い。自分の力ではどうにもならない事について悩んだり考えたりするのは無駄である。布団の中でスマートフォンを弄っている事については、寝る前に手の届かない場所に置いておけば済む話であるように思えるが、それはできない。その理由は僕が毎朝スマートフォンのアラームを使って起きているからで、結果的に眠りが浅いせいで二度寝してしまっているのだから本末転倒なのだけれど、アラーム無しで寝るのはやはり心配なので、結局毎回布団の中に持ち込んで二度寝を約束しているのである。

ここまでくれば誰でも目覚まし時計を買うべきだという結論に至ることだろうと思う。「明日からはきちんと朝に起きるぞ!」などと心の中だけで意気込むよりも、さっさと何か見える形で行動した方が良い。そういうわけで、目覚まし時計を買った。

デザインが凝っているのは浮いてしまいそうだと思ったので、シンプルで、大きくないものを探していたところ、この時計が面白そうだったので選んだ。ボタンを押して時刻を表示しないと、とても時計だとは思えないような、不気味な程のシンプルさに加えて、時計の主要な機能に関する売りが少なく、送料も756円もするせいか、レビューが一件もない。僕にとってはこれらの特徴全てが魅力的に感じられた。別売の単4電池が必要なところもたまらない。

届いてから実際に使ってみると、やっぱりスマートフォンを弄らないと断然眠気が来るのが早く、目覚めも良かった。起床の達人に近づけたに違いない。

 

今日のナポリタン

今日は選挙の投票に出掛けた。会場の小学校の敷地内に、生徒が育てている朝顔と野菜の鉢が並んでいるのを見て、1年生の夏休みに朝顔の鉢を家に持ち帰るのを忘れた事や、自分が育てた茄子で味噌汁を作った事などを思い出した。
投票を終えた後は、UNIQLOへ行った。数日前にも行ってステテコやタンクトップなどを買ったけれど、買い忘れがあったので選挙のついでに行くことにした。目当ての品を買い、お直しをしてもらっている間に、お店の外を散歩して、通り沿いに見つけた喫茶店に入った。この通りは今までにも何度も通ったことがあったし、お店の存在も知ってはいたけれど、まだ喫茶店調査に目覚める前で、地下店舗で独特の入りづらさもあったため、視界には入っていたものの、まともに見てはいなかった。
入ってみると、「いらっしゃいませ」と迎えられるでもなく、席を案内されることもなかったので、とりあえず空いている席に座った。少ししてからメニューが来た。グラタンとドリアをおすすめしている様子だったので、初めはドリアを注文しようかと思っていたけれど、じっくりメニューを見ていくと「ナポリ風スパゲティ」の文字が目に入り、気が変わった。「ナポリタン」と言わずにわざわざ「ナポリ風スパゲティ」と言うところが気になったものの、ナポリタンには違いないと思ったので、調査することにした。

f:id:pDEsym:20160710214857j:plain

サラダは綺麗な彩りで、お皿とも合っていて可愛らしい。
食べてみても美味しかった。

f:id:pDEsym:20160710215258j:plain

これは絶妙だ!
少しおしゃれな雰囲気もありつつ、カッコつけていない素朴なケチャップの味がちゃんとする。麺は少しかためで、「パスタ(ドヤ)」になりがちなところだけれど、これはそんな風でもない。普通に具だくさんで美味しいナポだ。

ふらっと入ったお店で思いがけず美味しいナポが食べられてラッキーだった。モイ。