読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑感

最近考えた事、試してみた事の感想をざっと書いてみる。

 

紅茶

春休みからティーバッグの紅茶を色々買って家で飲んでいる。
試したのは

こんなところ。
今のところはルイボスとカモミールが気に入ってよく飲んでいる。ハーブティーは種類が多いので、調査のし甲斐があるという楽しみもある。フレーバーティーは「トロピカル」とか「~ベリー」みたいな不安になるような名前のものが多いけれど、飲んでみると結構美味しい。むしろ、こういうものの方が紅茶独特の楽しみを堪能できるのかもしれないと思った。甜茶も個性的な味で美味しい。天然で甘い味なのが面白い。花粉症にも効くってとあるダメな人が言ってました。ダージリンは安いからなのか知れないけれど、それ程美味しいと感じなかった。家で飲むものは安くて美味しいものが理想なので、しばらくはハーブティーフレーバーティーが主になると思う。

 

ストレッチ

呼吸を意識し始めたあたりから、ストレッチをするようにしている。腿の筋については、長座をしようとすると腹筋が震えてじっとしていられないレベルだったのが、今ではだいぶ柔らかくなって、前屈の際にお腹を腿にくっつける感覚が掴めるようになってきた。
硬い人は最初から足を伸ばした状態で前屈することはせずに、正しい姿勢で伸ばす感覚を先に身につけた方が良いと思う。これには、体育座りの状態で腿を抱えてお腹をくっつけたまま、無理のない範囲で足を伸ばして前屈に移行するストレッチが効果的だった。本当に硬い人は、体育座りでお腹をくっつけているだけで既にちょっと苦しいと思う。ヨガの「鋤のポーズ」というのも結構自然に腿裏が伸びるのでおすすめ。
股関節の方は未だ良い方法を模索中。

ストレッチの効果か、立っているときや座っているときなど、姿勢を意識するようになってきた。姿勢が悪かったころには、良い姿勢はなんだか疲れそうに見えていたけれど、実際は逆で、ほとんど疲れを感じない上、リラックス効果も感じられる。肩を軽く開いてほんの少し胸を張るように意識すると、自然に背筋が緩やかに湾曲した良い姿勢になることもわかった。電車内での不安感もこれで大体改善されてきた。

 

名言の引用

会話や文章中で、偉人の名言等を引用するのが好きな人がいるけれど、聞いて(読んで)いてあまり気分が良くない。引用する事自体は構わないのだけど、それが普遍的な正しさを含んでいるように前提して話を進められるのが嫌だ。「心に響いたこんな言葉がある。(ゴニョゴニョ......)どうだい、深いだろう」、といった単なる紹介よりも、その言葉について自身で考えて感銘を受けたのなら、その自分なりの思考の過程や、体験について聞きたいと思うのだ。よく知らない人の言葉だけをポンと出されたって何とも思わない。

 

余裕

3月から相変わらずお金が足りない状態が続いている中で、思うことがあった。1~2年生の頃は自分の好きなことが分からず、アルバイトで稼いだお金がひたすら貯まっていく状態だった。少し大きな買い物をしてみたり、旅行をすることもできたのだろうけれど、今ある余裕を保つことが大切であるように思えて、日常での小さな無駄遣いをする程度の贅沢に興じていた。楽しく使いもしないお金を稼ぐのは本当につまらないものだと思う。それでいて、貯金をしていると人に言うと大抵褒められるからよくない。
確かに、物質的な余裕を持っているのは好ましいと思うけれど、余裕がないと行動できないというのは精神的な余裕に欠けていると思う。自身の感覚では、お金があるのに使わずにいた頃よりも、無いのに使っている今の方が遥かに楽しいし、余裕を感じている。
ただ実際のところ、こんな風に思えるのは、前提として不自由なく生活をさせてもらえる環境があるからだと思う。パパ......ママ......。

 

良い風景の条件

良い風景の条件について。これは当然人によって異なるものなので、色々な人の意見を聞いてみると面白そうだとよく思う。僕にとっての良い風景の条件は、「人が居ないこと」である。特別美しかったり、自然の雄大さを感じられたりする必要はなくて、人の世から離れたような気になれた時に、その場所が強く印象に残る。青森の青池を訪れた時の事を思うと、バスが営業期間前で出ておらず、自分の他には誰もいない坂道を雨の中1時間も歩いて辿り着いたからこそ、あの神秘性が感じられたのかもしれないと今では思う。

 

タイトルに相応しく、いつも以上に取り留めの無い記事になった。モーン。