2016-03-19

知らない男と並んで、暗い階段を下りていく。男の輪郭の他には何も見えなかったので、建物の中にいるものだと思っていたのだが、下りたところは屋外の広場だった。コンクリートタイルの敷かれた広場の中央だけが、白い光で薄く照らされていて、周りには植木が並んでいる。
さらに階段を下りていくと、また同じような広場に出た。辺りは静まり返っており、僕たち2人の足音以外には何も聞こえない。一歩前へ踏み出すと、その場所が非常に多くの心霊現象が報告されている階であることを思い出し、その瞬間から強い緊張が生じた。同行していた男は僕の一歩先の位置を保ちながら、薄く照らされた広場の方へ、タイルの上を足音を響かせながら歩いて行った。
常に次の瞬間には恐ろしい体験をするような予感をしながら、後ろを歩いていると、彼の呼吸が荒くなってきた。相変わらず、辺りからは僕ら2人以外の気配は感じられないし、音も、僕ら2人の足音と呼吸音しか聞こえない。一向に何も起きない状況に恐怖し、堪らず彼は大声をあげて駆け出した。彼が前へ走ることによって、後ろから何かが追って来ているような錯覚を起こし、水を浴びたような気がして、僕も彼に続いて走り出した。
最初の広場を駆け抜けたところで右を向くと(右しか見えない)、そこにも似たようなコンクリートタイルの広場があった。彼は勢いそのままにその広場の方へ走っていく。こちらの広場は周囲が胸の高さほどの石垣で囲われており、やはり中央だけが白い光で薄く照らされている。僕たちは広場の奥に辿り着き、必死でその石垣をよじ登ろうとするが、手を掛けると途端に腕の力が抜け、なかなか登ることができない。そうしてもがいている間にも、段々と後ろから何かがせまってくるような気がして、足の力まで抜けてしまう。身体を大きく震わせながら、やっとのことで彼は石垣を登り切り、僕のことなど忘れたように、或いは最初から知らなかったのかもしれないが、暗闇の方へ駆けていった。僕はまだその石垣を登り切れずにいて、もうこの時には後ろを振り返ることはできなかった。