読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015-11-06

傘を買った

清々しい秋晴れが続いて、多くの人はそろそろ雨が恋しくなってきているんじゃないかと思う。そうに違いない。僕もその一人で、大学内の広場の木陰を見ては、『雨の中ここで傘を差して、ぼーっと雨の音でも聞いていたい』なんて空想を、ここ2週間の間(と言っても学校にいたのは晴れた日の数日だけど)していたものだった。
以前は雨に濡れるのは結構好きだったんだけど、高校に入学してから、傘を差しながらの自転車通学に嫌気が差して*1、雨の日の外出はめっきりしなくなっていたから、この機会に雨の日をまた好きになってみようとその時に思った。少し考えてみて、良い雨音を立てるような傘があれば楽しめそうだと思ったので、検索してみたところ、自由が丘に傘専門店があるということがわかった。

お店の存在を知った2日後の平日、早速大学帰りに傘を買いに行った。踏切の傍に立つ爽やかな雰囲気のそのお店は4階建てで、下の階からそれぞれ折り畳み傘、メンズ傘、レディース傘売り場になっている(売場は3階まで)。お店にいる間は主に2階のメンズフロアで傘を眺めていたんだけど、持ち手の部分がピストルのような形をしたものや、火山灰から身を守る為の、曲率が大きくて深いもの、傘布の裏側に紫外線を遮断するコーティングが施されたものなど、個性的な傘がたくさんあって、普段それほど買い物を楽しむ事のない僕でも、見ているだけで楽しかった。各フロアが広すぎない事も楽しく買い物ができた要因の一つだと思う。購入したのは16本骨の深緑色の傘だった。そういえば雨音のことは結局ほとんど忘れてた。
この傘は雨の中を歩きたいと思ったときに使おうと思っているから、今のところは、自転車に乗ることのない休日に雨が降るのを待っているんだけど、晴れたら晴れたで嫌な気分になることは決してないというのが得した気分で良い。

 

ナポリタンを食べた

夏休みに入ったころから洋食を食べるのにハマりだして、外に出掛けた時には洋食屋や、ナポリタンを出してくれるような喫茶店を探すようになっていた。
傘を買ったこの日も駅に到着したのが丁度お昼時だったから、洋食屋を食べログで探していたんだけど、どこも小綺麗な感じであまり好みではなかったので、少し歩いていて目に留まった変わった名前の喫茶店に入ることにした。店内のテーブルの低さに戸惑いながら、店先の貼り紙にあったナポリタンとコーヒーのセットを注文した。お店は空いていたので静かで、壁に貼ってある筆ペンで書かれたメッセージを読んだり、本を読んだりしてゆったりとくつろぐことができた。出てきたナポリタンは麺が細めで、野菜はしんなりしすぎず、美味しそうな焼き目のついたソーセージが上に2本乗っていて、とても美味しかった。僕はソースがさらさらしていて、麺がつるつるした、食べ終わった後にお皿に油が残るようなナポリタンが特に好きで、ここでは見た瞬間に美味しいだろうと思った。食後に飲んだコーヒーは香りが良くて、今まではあまり違いがわからなかったんだけど、珍しくコーヒーを美味しいと感じた。
ナポリタンはお店によってかなり味が違って面白いから、これからもたくさん食べると思う。

*1:この、傘を差しながら自転車を運転するというのが堪らなく嫌で、歩いて通学することも多かった。