読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015-04-12

今日は知事、市長、県議、市議選挙の投票に行ってきた。
とは言っても知り合いのご近所さんに候補の方がいるというので、何も考えずに頼まれて投票しただけ(以前にも同じようなことがあった)。投票自体もまだ自分にとっては新鮮でそこそこ楽しめるし、毎回卒業した小学校が会場になっているので、実は敷地内に入るのも結構楽しみにしていたりする。
4月も2週目に入って、大半は葉桜になりつつあるものの(もちろん葉桜も鮮やかで好き)、校内の木やプランターの花はとても綺麗だった。校内は通っていたころとあまり変わっていなくて、当時の事を思い出したりした。小学生だった頃も、こういった四季の変化は校内の各所に見られたはずなんだけど、それらが当時殆ど目に付かなかった事を考えると、感性が変化しているんだなと思う。家の前の桜並木も、『わざわざ遠出して名所に行かなくてもここで十分楽しめる!』と思えるほど綺麗で、今月に入って何度か散歩をしたりもしたけれど、ここだって高校生くらいまでは毎日何とも思わずに素通りしていた道だった。
今までも近くにあったもので新しく楽しめるようになるのは、歳を取る楽しみの1つだと思う。同時に、見えなくなるものもあるんだろうけど、それはまぁ仕方ない。少し寂しくはあるけど、子供のころに沢山見させてもらったはずだから、いつまでもトトロを見たいとは思わない。その時その時に見えるもので楽しめればそれでいい。