静岡発 宇宙行

みなさんの中に宇宙旅行をしたいと思ったことのある人はいるだろうか。きっといると思う。僕もそのうちの一人であり、ただ一方で諦めてもいたのだが、成人男性4年目を迎えた今年、偶然にもなんと静岡からスペースシャトルが運行していることを知った。

ことの始まりは2つ前の記事にも書いたサウナだった。現在は週一で通うホームサウナである、大学近くのスーパー銭湯でその楽しさを知って以来、いくつかの店舗を回り、様々な温度・湿度のサウナと水風呂の体験を通じて訓練を積んできた。
そのような厳しい訓練をこなす日々の中、Twitterでフォローしているサウナの師匠である成人男性から、静岡にある有名なサウナへ行かないかとお誘いを頂いた。ここの評判についてはネットで既に知っていたので、二つ返事で誘いを受けたのだが、そのときの誘い文句が強烈だった。

宇宙旅行が約束されている異次元の水風呂がある」

外気浴によって自然と一体になる感覚を覚えつつあるおさかなであったが、流石に重力を失う領域にまでは到達していなかった。師匠は以前からTwitter上でも度々宇宙体験を仄めかすツイートをしていたので、現場を押さえるチャンスだと思った。

当日、県内の駅で落ち合ったのち、師匠の運転で静岡へ向かった。フォロワーと会うのは初めてのことだったので、話題が尽きないか多少の懸念はあったのだが、会ってみると話すことはいくらでもあり、大変楽しい時間を過ごすことができた。
神奈川を出発しておよそ2時間後、目的地に到着した。受付でタオルと館内着を受け取って浴場に入ると、轟音を立てて天井から水風呂に注ぎ込む「滝」と、滝壺でその水に打たれる老人の姿が目に入ってきた。この見た目のインパクトもさることながら、この水には性質の面に大きな特徴がある。それは多くの水風呂が水道水を用いているのに対して、ここでは天然の湧水を使用していることだ。これにより、浸かった際の肌触りは異常なほどなめらかで、注ぎ口から流れる水はそのまま飲むことができる。冷水機を経由せずにサウナ・水風呂・休憩所を行き来できるのは心底たまげた。たまげた。たm

ところで「異次元」と評される水風呂は勿論だったが、2種類あるサウナも相当気に入った。1つは日本で一般的な乾式のサウナで、室温は115℃だった。かなり高温の部類だと思われるが、不思議と息苦しかったりピリピリする感じはしなかった。師匠の考えではヒーターがむき出しになっておらず、暖炉に置かれた熱岩によって間接的に暖めているからだとのこと。そしてもう1つは室温60℃程度の湿式のサウナで、薬草の成分を含ませた蒸気で室内が満たされている。この薬草の香りがやたら癖になり、同じ薬草を使ったお湯をタオルに染み込ませ、何度も嗅いだほどだった。何故か足元の壁面からアツアツの蒸気が絶えず湧き出てきており、常に足のやり場に困ったのもよかった。

これらの健康待ったなしの優勝確定布陣を迎え、最初のセットを終えたときには軽くめまいがするほどキマった。これが宇宙酔いだろうか。途中、師匠が大量の蒸気とともに薬草サウナから飛び出してきたときには思わず笑ってしまった。そんなこんなで体調も良かったのであっという間に4セットを済ませ、抜け殻状態で浴場を後にした。

ここのサウナは食堂のご飯も美味しいとのことだったが、今回は近くにあったさわやかでお昼を食べることにした。御殿場店には以前オープンして間もない頃に訪れたことがあり、その味と混雑具合に驚かされたが、今回の店舗も相変わらず混んでいた。都合よく隣にファミレスがあったのでそちらに入店し、適当につまみながら時間を待つことにした。ファミレスでは共にサラダとドリンクバーを注文したのだが、注文した直後に「まぁ僕は飲み物は水で十分なんですけど」「はは、実は俺もそうなんだよ」といった不毛な告白で意気投合した。
その後、思っていたよりも早く案内の時間になり、ハンバーグにありついた。

f:id:pDEsym:20180525201249j:plain

クァ~~!

前回はオニオンソースだったので、今回はデミグラスにしてみた。宇宙体験からのさわやかの流れが合法なのが不思議で仕方なかった。ハンバーグが残り少なくなってきた頃、師匠からシェアをしようと提案がされたのだが、そのときに味違いのものを注文したときは最初からシェアしながら食べるのが普通なのだと気づき、少し反省した。

食後は高速が混むと困るというので、さっさと静岡を後にした。車内では小さい頃に遊んだポケモンがんばれゴエモンのサントラを流しながら、柴犬の魅力や共通でフォローしている限界成人男性の話などをした。

近いうちに訪れるであろうフォロワーの退職祝いのタイミングでまたサウナに行こうと話をしたので、その時が今から楽しみで仕方ない。

帰り道

お出掛け記事はもう少しかかりそうなので、先に最近のことを書こうと思う。ブログとはそういうものなのかもしれないけれど。

 

買ったもの(食べ物)

・ブルダック湯麺

ブルダック湯麺 145g 辛いスープ麺 5個
 

韓国のインスタント麺は初めてだったのだけど、麺がモチモチしていて美味しかった。邪悪な色をしたスープの辛さはやはり容赦が無く、大満足だった。

 

・ブルチャンポン

韓国食品■ パルド ブルチャンポン X 10個 139g/韓国ラーメン …

韓国食品■ パルド ブルチャンポン X 10個 139g/韓国ラーメン …

 

辛さはブルダック湯麺よりはマイルドで、魚介の香りがしっかりある。普通かなぁ。パッケージの料理人の笑顔が怖い。

 ・ミックスナッツ

【Amazon.co.jp限定】ミックスナッツ 1kg 植物油不使用

【Amazon.co.jp限定】ミックスナッツ 1kg 植物油不使用

 

先日kaldiで買ったフルーツ&ナッツミックスが美味しかったので、次のレーズンミックスと一緒に普段の間食用にまとめ買いした。塩味が無いのが良い。

・レーズンミックス

オーガニック レーズンミックス 450g 3205

オーガニック レーズンミックス 450g 3205

 

 ウンウン。

・タンパク質

アルプロン -ALPRON- ホエイプロテイン ココア風味 1kg アルプロン

アルプロン -ALPRON- ホエイプロテイン ココア風味 1kg アルプロン

 

意外にもスタンダードなココア味を飲んだことがなかったので試してみた。ココアが一番無難に美味しいかもしれない。

買ったもの(食べ物以外)

・双眼鏡

学校やアルバイトからの帰りにぼんやり夜空を見ながら歩くのが好きだ。今まではせいぜい月を見るくらいだったのが、最近偶々メガネをかけて見てみたら知っている星座がいくつか見えて感動したので、天体観測の勉強を初めつつ入門用に購入した。とりあえず視界と明るさが星空向きで、その他のスペックも双眼鏡として無難だったのでこれを選んだ。値段もかなりお手頃だし。気になっているやつが少し高価なので、それまではこれで練習しようと思う。

月初めに注文して最近届いたのだけど、曇りが続いていてまだ使えていない。見られない間はスマーホンの星空アプリで予習をしている。使っているのは「Moon Book」と「星座表」というアプリで、前者は日時を連続的に動かして星の動きについて学ぶことができ、後者はグラフィックが綺麗で癒される。

 

ゴミ捨て

私物の整理を続けている。勉強机なども今年中に捨てて、私物はできる限り残さず家を出るつもりだ。この間はプラスチック製の収納ボックスを捨てようと、これが何ゴミにあたるのかと母に尋ねたところ、「ゴミ袋に入れればゴミだよ」と言われ大変勉強になった。ゴミ袋に入れればゴミ。確かに。

やあ

あけおめさんです

今年のテーマは 「興味無い」の禁止 にする。それは人間関係のことかもしれないし、趣味、あるいは学問のことかもしれない。まぁ何でもいい。

物事に対して、興味が無い・知らない・やらないことを誇ったって仕方が無いし(勿論誇っているつもりはないけれど)、大体のことは「できない」よりは「できる」ほうがきっといいだろう。とはいえ、興味の無いことをするのは難しいような気がするし、実際、僕自身もめったにしてこなかった。中にはそのことで悩む人もいるようだけれど、僕はそれがおかしなことだと思うことは無かった。
興味の有無が何で決まるか考えよう。深く考えなければ、それはフィーリング以外の何物でもないとあっさり結論づけられるかもしれない。しかしそう結論づけたとして、それを改善することができるだろうか。何十年と生きてきて培った感性を、今年のテーマをそう決めたからという理由だけで変えられるだろうか。そもそも、思考に決定権が無いからフィーリングで決めているのだろう。

それなら一体何が決めているのか。一つ気がついたことがある。僕は今までなんとなく物事に対しては 興味の有無の判定 → 行動の決定 の順序で取り組んでいるものだと思っていたのだけれど、これは実は逆であって、つまり、興味の有無はとりあえず試してみるといった行動が決めているのではないかということだ。大体、やってもいないのに面白いかどうかをフィーリングで見極められると考える方がおかしい。興味が無いからできないというのは間違いで、やってないから興味が無いのだと思う。

少し長くなった上なんだか堅い感じになったけれど、今年は今まで「興味無い」の一言で無視していたものにも、一度でもいいからとりあえず試す姿勢を持っていようと思う。

 

 近況

新年になって、家の近所のスーパー銭湯が閉店した。健康のために先月から始めた運動と並行してこちらにも頻度を上げて通おうと思っていた矢先のことだったので、すこし困ってしまった。マップで探してみたところ、徒歩で行ける範囲に他の銭湯は無い。行きづらくなったとわかると増々行きたくなってきて、範囲を拡げて探した結果、大学の近くに一店あることがわかった。
僕の通っている大学には最寄り駅が3駅あり、利用する路線や講義棟への距離などによって利用者が分かれる。今回見つけたスーパー銭湯は僕が普段利用している駅とは正反対の位置にある駅のそばにあり、研究棟側に近い。そこで、行きは今まで通りの路線で大学へ登校し、帰りはそのスーパー銭湯側の駅から帰ることを考えた。乗換検索をしてわかったことなのだけれど、今まで一日に往復で100分近く歩いていた(ん?)のが、このルートだと往復にかかる時間全体は変わらないままに70分程度で済む。それに加え、接続こそ多少の難はあれども電車は比較的空いているし、かかる費用もほとんど変わらない。

そういう訳で、今月に入ってからは週2でそのスーパー銭湯に通っている。そこでは新しい発見をした。僕はサウナと水風呂に入るのが好きで今までもよくやっていたのだけれど、今回は水風呂の後に休憩を取り入れてみたのだ。この休憩の効果は劇的だった。サウナで満足が行くまで汗を流し、早まった心拍を水風呂で落ち着けた後、ベンチに座りながらキンキンに冷えた体が常温に戻っていくのをじっと待つ。このとき、体温を戻そうと血流が末端まで巡っていくのが全身で感じられる。これが最高なのだ!クァ!

 

  • 私物の整理

昨年末に大掃除をしなかったので、昨日家にある私物の整理をした。簡単に済ませるつもりが、来年度でこの家を出るであろうことを考えると熱が入りだし、必要なもの以外はすっかりゴミ袋にまとめてしまった。2ヶ月後にでも卒業できそうなくらい、棚がすっからかんになった。

年末くらいブログに帰って来なさいよ

すっかり更新が滞ってしまった。どうぶつの森ならラフレシアが生えているだろうか。仲の良かった住人は皆引っ越していなくなっているだろうか。ブログにはラフレシアも住人の引っ越しも無いので本当に良かった。

さて、もうこんな時期になってしまったので、特に印象に残っているお出掛けと日常のあれこれだけを複数記事に分けて簡単に書くことにして、2017年のブログ納めとしようと思う。

 

日常のあれこれ

  • 半期目標の設定

日常のことでは9月から始めたこれが抜群に良い習慣だと思う。今年の中頃はブログ記事の更新も無ければ、手帳もつけていなかったので、一日をダラダラと過ごすように一月をだらだらと過ごしてしまっていた。一日はともかく一月これでは困るので、間を取って半月毎に目標の設定と振り返りをすることに決めた。このときに工夫したのが、自身で管理用のプリントを作成したこと。

f:id:pDEsym:20171230165757j:plain

こんな感じ。

使い方としては、半月毎に目標を書いたものを印刷して、期間中に気がついたことを書いたり、達成した項目にチェックを入れたりしている。これをすると定期的に自分の生活を振り返るようになって、やり残していることや自分の問題を常に把握できるようになる。「人からされて嬉しかったこと」と「人にしてしまった悪いこと」の項目は、少しでも周りの人との関わりを意識しようと思って入れてみた。
僕が手帳などと比べてこれを気に入った理由は2つあって:

(1) 自分が書こうと思っている項目しかないために、空欄が全く生じない
(2) 続けるうちにリングファイルにまとめているプリントが分厚くなっていく

どちらもモチベーションを保つのに役立っている。この調子で自己管理の成人男性になるぞ。

 

  • 運動の法則

上で紹介した習慣のお陰で、問題・解決もよりスムーズになった。体の不調があればその症状と原因と思われる悪習慣を調べて書き込むようにしている。最近の例では運動不足がある。悪習慣としてかなりメジャーなせいか放置しがちだけれど、それに起因すると思われる症状を書き出してみると、やはり運動は大事だなと思わされる。
そういうわけで、今月から運動を始めた。近所の公園にトレーニング室があるのでそこを利用している。外は寒いからね。毎回やるのは大体エアロバイク40~50分、ランニング30分で、残りは適当なトレーニング器具を使ったり、間にストレッチを挟んだりしている。
改善したい症状がはっきりしているので続けやすいし、何より久しぶりに運動をするとやっぱり気持ちが良い。頻度は週2回を目安に、ちょっと少ないかな?と思う程度に制限することで、意欲を保てるようにした。

 

  • 毒の会

2017年の抱負として掲げた(記事を遡るのが大変楽でした(オヨ))「練習」の一つであるところのお酒(毒)について。今年参加した毒の会では必ず2杯飲むようにした。会そのものは元々嫌いではないので、思っていたよりすんなり達成できたし、なんとなく自分の許容量やペースが把握できたので良かった。毒の会では特にたくさん話すわけでもなく、時々話に加わったり表情筋を駆使しながら相槌を打っているだけで、基本的にはぼーっとしている。それでも変な風に見られることは無いし、何より皆が楽しそうにしているので毒の会はモイ。

 

お出掛け

お出掛けは少し長くなりそうなので以降の記事に書くことにする。とりあえずは

  • 春休みの北海道・東北旅行
  • 夏の館山日帰り旅行
  • 先日のNATURE AQUARIUM展

を書くつもり。

近況

近況

  • 同窓会

一部の食べ物には、それを苦手と言った際に「良いものを食べたことがないからだよ」と周りから説得されるようなものがある。もちろん品種や品質の如何を問わず苦手だ、という場合もあるが、そのことも含めて、食べ物の好き嫌いにはその他の苦手なもの一般に通ずる部分があると思う。
大学に入って間もなく、それまでは何でもなかった色々なことが苦手になった。笑うこと、人と一緒にいること、時間を管理すること、人前で堂々と振舞うこと、、、他にもある*1。それぞれの詳細については追々書いていくが、2月18日に開かれた中学の同窓会で僕が感じたのは、人間関係の問題と食べ物の好き嫌いが似ているということだ。

おしゃべりをするのが億劫に感じるようになってから随分経っていた。中学生の頃に部活やクラスの仲間と毎日楽しくおしゃべりできていたのは、当時の自分が中学生だったからで、大学生の自分とは異なる人物であると考えていた。大学生になった自分はと一緒にいるのが苦手で、ほとんどの時間を一人で過ごしていたので、今度の同窓会でも以前のように振る舞えるか少し不安があった。
当日、集合場所である駅の改札口の前まで来た時点でも、まだ不安は残っていた。しかし小学生の頃からの友人と対面した瞬間、その不安はすぐに消えてしまった。最後に会ってから7年が経っていたが、お互いたったひと月の夏休み明けに会った時のような自然な態度で、変わりなく、まるで当時に戻ったかのような気持ちで接することができた。当時の部活のメンバーはどうしているとか、高校では何部に入っただとか、何を話しても楽しかった。
大人数が集まったと聞いている成人式の後に行われた集まりとは対照的に、LINEグループを使って呼びかけを行った本会は、最終的な参加者が20名弱と多少小規模ではあったものの、比較的穏やかな面々が集まった良い会だったと思う。隣に座っていた友人は酔ってすっかり気分を良くした様子で、杏仁豆腐が美味しくて仕方がないとしきりに話しかけてきていたのが面白かった。人と話していて心から笑ったのはいつ振りかと思った。
また次に開かれることがあれば必ず参加すると幹事を務めてくれた友人に伝え、家が近所の友人とは一緒に歩いて帰った。気心の知れた相手と、成長して落ち着いた今になって話をするのは心地が良かった。

そして結局、気心の知れた相手と接する機会が無くなってしまっていたというだけで、と一緒にいるのが苦手になったというのは勘違いだったと気づいた。苦手な品種のものを食べたからと言って、その食べ物全てを拒絶しようとするのは、あまり賢いやり方ではないと思う。特に人間関係は仙人にでもならない限り避けては通れないものだし、その他の苦手なことについても、楽しめる部分がないか探すようにしようと思った一件だった。

 

  • 卒論発表

2月23日に卒論発表があった。モイ姿勢で堂々と振る舞うことを心がけて発表に臨んだ。発表自体はうまくできたと思う。内容に造詣のある人が聴講を担当している教員の中にいなかったため、質疑応答はほとんど補足説明の様な形になった。
会が終わった後、不注意で入れてしまっていたアルバイトへ向かうのにすぐに大学を出た。訳あってこの日で会うのが最後になる研究室の同期が2人いたので、挨拶も碌にしなかったのは少し悪かったかもしれない。おわり。

 

  • 勉強会とその準備

神戸で研究に関する講座が3月に行われるという話を1月の中頃に先生から聞いた。ポスターを見て面白そうだと感じたし、旅費や宿泊費の補助もしてもらえるとのことだったので、行くことにした。
しかし、気になることが一つあった。ポスターに記されていた「必要とされる知識や経験」の項目に、致命的ではないにしても一部満たしていないものがあったのだ。先生は平気だと言っていたが、失礼ながら僕はあまり信じていなかった。またこの時、こういう時に根拠を尋ねると大抵煩わしそうにされることが、1年間の研究室生活で経験済みだったので、納得した振りをしておいた。実際のところは、不安を感じるくらいなら勉強した方がいいと思い、卒論発表の準備を進めながら勝手に勉強していた。

講座は3月13日から始まるが、県外からの参加者の中には前泊が必要になる人もいた。僕もその一人で、前日に高速バスに乗って神戸入りした。新幹線分の旅費が支給されることがわかっていたので、ありがたくバスを利用した次第だ。高速バスを利用するのは今回が初めてだったが、サービスエリアの出店で食べ物をつまむ楽しみもあったり、それほど酷いものではなかったように思う。
神戸で過ごす期間中は各自で食事を取るように案内がされていた。参加者のほとんどは大学内の食堂やコンビニを利用していたが、僕はお金が無かったので宿舎の自販機で売られていたカロリーメイトをひたすら食べて過ごした。それなりに腹持ちも良かったように思うし、宿舎の部屋では新しいトレーニングの方法を見つけられたので、惨めな気持ちになることは全く無かった。

講座自体は戸惑う部分もあったものの、事前の準備の甲斐あって恙無く終えることができた。

*1:現在ではどれも概ね克服している

2017-03-24

書くことがたまり過ぎた。生きていると書くことがたまる。
今日3月24日は卒業に関するあれこれがあり、翌日からはまた旅行に行く。このまま放っておくと記憶域が決壊しそうなので、ここで整理だけでも済ませておくことにする。

 

近況

  • 同窓会
  • 卒論発表
  • 勉強会とその準備

雑感

  • トレーニングの進捗
  • 筆記に関すること
  • お酒のあれこれ
  • 手帳を使い始めたこと

振り返り

  • 大学生活
  • 出会った人
  • 研究室での1年間

 

 とりあえず上の3つくらいは記事にして投稿しようと思う。モヨ。

2017-01-19

半島を思わせるヒト気の少ない道を歩いていた。季節はおそらく夏で、よく晴れた日だった。季節の推測が間違っているのか、海が近いからなのか、蝉の声は聞こえなかったように思う。線路と交差する地下道を通り、ロータリーのある駅の反対側に出てから、目的地へ向かうバスに乗り込んだ。中には女性の乗客しかいなかったので、不思議に思って話を聞いてみると、女性専用のツアーバスであることが分かった。幸い非難を受けることもなく、簡単に謝ってからバスを出ることができた。
バスの当てが無くなってしまったので、ロータリーを後にして、ふらふらと歩き出すと、どこからか町内放送が流れ始め、「今日は一日晴れが続く」というだけの簡単な天気予報がされた。その予報を聞いた僕は、どうしても曇って欲しいと思うようになった。岬で千切れた遠くの雲を眺めながら、それが広がっていくイメージをしているうちに、気が付くと港まで来ていた。桟橋の上に気象予報士の〇原さんがいて、先ほどの天気予報を聞いたか、今日は絶対に曇ったりしない、というようなことを捲し立てている。僕は嫌な気持ちになって、その場にしゃがみ込んだ。すると声は聞こえなくなった。大きな身振りで何かを話している〇原さんの様子を見ていると、滑稽に感じられて、気持ちが落ち着いた。
木〇さんが話すのを諦めたころ、空が曇りだした。僕は気分が高揚するのを感じた。「これは大変なことになります!台風が来ますよ!」と〇原さんを脅していると、すぐ近くで6~7mくらいの竜巻が発生した。明らかに僕の方へ近づいて来ていたのだけれど、僕は竜巻の様子に見入っていて、そんなことは気にならなかった。ほんの数mの距離にまで竜巻が近づいてきたころにようやく、避難訓練で仕方なく机の下にもぐり込む学生のように、だらだらと桟橋から海へ下半身を下ろし、上体で橋にしがみつく体勢で直撃に備えた。竜巻は轟音を立てながら僕の身体を飲み込み、僕は水中と海上を行ったり来たりした。
しばらくすると竜巻は過ぎ去り、なんとか耐えられたようだった。ジェットコースターを乗り終えた時のような安堵の心になり、一息ついて海から上がろうとすると、足が無くなっていてよじ登ることができない。上がれないものは仕方がないので、そのままでいることにした。

 

 

夢の話は終わり。筋肉の話をする。

トレーニングチューブを使った感想

モイ。主に前腕を鍛える目的で、ダンベル代わりになる(と思われる)ハードタイプのトレーニングチューブを購入した。両手両足の4点で支えた状態で腕を上下することで、ダンベルトレーニングに近い運動ができるイメージ通りのアイテムで、特にリストカール、リストエクステンションでは、今まで味わったことのない前腕の張り具合を体験するほど強烈に効いた。握力もグッと上がったように思う。
使い方を変えることで胸や背中に効かせることもできる万能性もある。しかも基本的に安価なので、硬さの違うものを複数種類買うこともできる。ヒヒヒヒヒヒヒ。